しわの種類

しわの種類はいくつか分類ができます。まず、目元や口元を中心にできる「小じわ」、紫外線を浴びることで真皮中のコラーゲンが失われて弾力を失ってできる「日光じわ」、加齢と共に肌の弾力がなくなりたるみによって起こされる「加齢じわ」、笑ったときなど表情が大きく変わったときにだけ表に出る「仮性じわ」、さらに真皮の膠原線維や弾力繊維が決定的に変形しておきてしまう「本じわ」です。
このうち、「小じわ」や「日光じわ」は肌環境を少し改善の努力をするだけでも比較的簡単に消すこともできるのですが、「加齢じわ」から「本じわ」にまで発展してしまうと完全に隠すようにするには普通の生活などではほぼ不可能です。しわは最初から顔に深く刻まれているわけではなく、「仮性じわ」の状態が長く続くことによって本格的に消えない深さに皮膚についていくようになります。つまり、早めの対処が何よりも重要であるということです。
しわをなくすためには、肌環境を改善することが大切です。加齢じわが起きるのは、加齢とともに肌の保湿能力が落ち、肌から水分がなくなってハリやツヤが減ってしまうからです。水分が充分に含まれている皮膚はつるつるとしていてハリがあります。ハリのある肌にはいわゆる「折り」の状態であるしわはみえにくくなります。
普段の洗顔や化粧水による保湿をきちんとするだけでも、しわの進行は充分におさえることが可能です。どうせいつかはなるものとあきらめず、肌ケアにつとめましょう。